人気ブログランキング |

Il Cappellaio

Il errore

今日、本屋でとても嫌な思いをしました。

なんだか、新年でこんな記事書きなくないですけど、
ちょっとあまりにも腹が立ったので・・・。

会計をしに、レジまで行ったはいいものの、店員さんの態度に唖然としました。
にこりともせず、うつむいたままで、「○○円です」
と聞き取るのがやっとというくらいの小さい声で機械的に言う姿にまず吃驚しました。
まぁ、これで終わればまだ良かったのですが、
後でレシート見て更に吃驚ですよ。
私が渡した金額を間違えていました。
私は細かいお金がなかったので、10080円出したのです。
580円の本だったから。
しかし、レシートに打ち込まれていた数字は10030円。
50円損した計算になります。
おかしいでしょう?
だって、580円の本に誰がわざわざ10030円出します?
普通に考えればおかしいな、と思うでしょう。
しかし、あの方ちゃんと私の出した50円玉を見ているはずなのですよ。
だって、お金をレジにしまう時に確かにその手に持っていたのを私は帰り際にしっかり見てます。
まぁ、気がつかなかった私も私ですが、ちょっとひどいです。
声が小さくて聞き取れなかったと言うのがまた腹立つ。(苦笑)

でも、何よりも一番腹が立ったのは、自分のミスをすぐに訂正しなかったこと。
絶対に気がついていたはずです。
出した時、50円玉の上に丁度10円玉が乗ってしまったので、分かり難かったというのもあるかもしれませんが、それにしても杜撰です。
少し硬貨を移動させれば、すぐに分かるはずです。
そもそも、お金を扱う仕事ならば、いくら預かったのか、しっかり確かめることが重要だと思います。
というか、常識ですよね。
おまけに会計をしている間、一度も私の方を向きませんでした。
接客業としてはあるまじき行為ですよ。
こんないい加減な態度は許せません。
ひとつも良い所なんてなかった。
これだけひどい店員さんもそう見かけませんよ。
対応最悪、お金の勘定を間違える・・・・。

嫌な気分でしたね。
接客のお仕事ってすごく面白いと思います。
今日の私みたいに、接客のされ方によって、その日の気分もずいぶん変わってきます。
良くしてもらったら、やっぱり素直に嬉しい気持ちになれるし、嫌だと思ったら、不快になる。
私は、嗜好品は必ずと言っていいほど、接客されて買います。
中にはこういう買い物の仕方が嫌な人もいると思いますが、
私は、こういう買い方の方が好きだし、得るものも大きいと思う。
こういう接客が嫌な方は大抵、「これはいらない」という言葉が言えない人だと思います。
いらないなら、遠慮することなく「いりません」と言えばいいことなのです。
ひとりで静かに見たいなら、そう伝えればよいだけのことなのです。
他人とのコミュニケーションを放棄した買い物は私にはできません。
店員さんとのやりとりによって、商品価値以上のものを手にすることができるのではないでしょうか。
私は、そうした店員さんとのやり取りで、精神的に何度か救われたこともある。
友達でもない、赤の他人だけど、ひとつの話題で話をすることはとても楽しいし、良い刺激にもなる。
常連になれば、多少無理もきいてくれるし、いろんな情報も教えてくれる。
だから、すごく店員さんの接客態度には敏感に反応してしまいます。
私にとっては、ちょっと特別なものだから。

お店に入ったとき、笑顔で迎えられたら、やっぱり誰でも嬉しいのではないでしょうか?
どうしてそういう当たり前のことが分からないのでしょうか?
by karin357 | 2006-01-07 23:11 | 日記

ひなの成長日記
by karin357
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

香水ランキング
from 香水ランキング
椿TSUBAKI(資生堂)
from ブログで情報収集!Blog-..
無理しちゃ駄目だ!
from Anything Story
読者になりますね☆
from うさぎ日記
読破!
from のんべんたらりん。
京町家
from ツマヨウジから建築まで
エルミタージュ美術館
from 世界遺産の旅
【夏至】キャンドルナイト..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる

ブログジャンル

イラスト:まるめな