人気ブログランキング |

Il Cappellaio

2006年 01月 30日 ( 1 )

私的 「雑誌」 考

d0000247_11105279.gif


月刊誌 花椿。
初めて買いました。
花椿はその名を見れば分かるとおり、資生堂が出している雑誌です。
カテゴリーはファッション雑誌、でいいのかな?

なぜ手に取る気になったかというと、
HPの花椿紹介の目次を見て「海野弘」という名前を見つけたから。
海野弘さんは、「太陽」という芸術系の雑誌でしょうか、いろいろ文化物を取り上げた雑誌の編集長を経て、フリーライターになられた方です。
専門がモダン・デザインだということで、よくこの方の著書にはお世話になっています。
一度、ウラ帽子屋で取り上げた『モダン・デザイン全史』の著者です。
実はVISAの会報誌でも展覧会についてのコラムを担当されていて、これも毎号読んでいます。
こっちはVISAカードの会員しか手に取ることはできませんが・・・。

そんなわけで、ぜひ読んでみたい、と思い手に取ったしだいです。
都市についての記述をされています。
しかも、いつもの論調ではなく、まるで詩のよう・・・。
小品、といった趣で、また違う一面を見せられたような気がしました。
ちなみに小品というのは、日本近代文学独特のジャンルで、短編小説と随筆の間のようなもの。


それで、最新号はまだ置いていなかったので、先々月と先月分を買いました。
それが、吃驚したのですが、これ100円なのです。
安すぎる。(笑)
でも、この花椿、どの本屋にも置いているような雑誌ではないので、入手するのはちょっと大変。
今回は恵文社一乗寺店で買いました。
この本屋(?)もお勧め。
本と雑貨のセレクトショップといった感じでしょうか。
良い本がたくさん揃っています。

頁数は100円ということもあって、少なめです。
けれども、割と読み応えのある雑誌だと思いました。
まるで通販雑誌のようなファッション誌が蔓延る中で、少しほっとできるファッション雑誌。
私は、毎号買っているという特定の雑誌はないのですが、むちゃくちゃ幅広くいろんな雑誌を見ています。
それこそ、JJ、cancamから天下の2大雑誌VOGUE、BAZAARまで・・・・。
そうすると、自然と雑誌の良し悪しや、自分の好みも分かってきます。
でも、私、あまりVOGUEは読みませんね。
明らかにBAZAAR派。
BAZAARは世界最古の雑誌ですが、なんだか、VOGUEやELLEなんかと比べると、知名度が低いように思います・・・。
きっと、日本版が作られたのが、ごく最近であることが大きな原因だと思いますが、私のお勧めはBAZAAR。
写真がとても綺麗。
これこそが「ファッション写真」です。
ぜひ、一度立ち読みでも・・・。(苦笑)

花椿も実は、これらのファッション雑誌黎明期に創刊された雑誌にも負けないくらい古い歴史を持っています。
資生堂といえば、企業デザインのパイオニアでもあり、その歴史を作ってきた会社でもある。
この会社のデザインだけで1冊の本が書けてしまえるくらいです。
そうした一面を花椿からも少し感じられます。

雑誌は、特にファッション雑誌は時代を写す鏡です。
そして、それを、留まることを知らない「流行」を留める記憶媒体でもある。
少し、離れてファッション雑誌を見てみると面白い発見があります。

一度考えてみてもいいかもしれません。
あなたはファッション雑誌に何を求めますか?
by karin357 | 2006-01-30 12:00 | その他

ひなの成長日記
by karin357
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

香水ランキング
from 香水ランキング
椿TSUBAKI(資生堂)
from ブログで情報収集!Blog-..
無理しちゃ駄目だ!
from Anything Story
読者になりますね☆
from うさぎ日記
読破!
from のんべんたらりん。
京町家
from ツマヨウジから建築まで
エルミタージュ美術館
from 世界遺産の旅
【夏至】キャンドルナイト..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる

ブログジャンル

イラスト:まるめな