Il Cappellaio

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

wanofu

wanofuは、創作和食のお店です。
が、昼間はカフェとしても利用できるお店です。
一度ご飯も食べに行きたいですね。

私が今回行ったのは、品川駅内にあるお店です。
ここは、JRの入場券を買わなければ入れないのですが、東京へ行った時に新幹線待ちの間にちょっと小腹が減ったので寄ってきました。
最初から知っていたわけではなくて、何となく入ってみたのですが、大当たり。(笑)
「和」がメインということで、ケーキも和風のものが多くて、なんとチーズケーキに小豆入り。
でもこれがとっても美味しかったのです。
すごくさっぱりしていて、ケーキが苦手な私でも後1個くらいはいける、と思った品。

そうそう、私ってケーキ駄目なんだよね・・・。
前に書いたかなぁ?
甘いものはそんなに嫌いじゃないのだけれども、なんかね、ケーキはね昔から駄目で。
ブラックのコーヒーか紅茶が一緒にないと食べられない。
でも見てるとすごーく食べたくなるんだよね・・・。
こういう時に、ああ私って女なんだなぁ、って思う。(笑)
でも、いざ食べようと思ったら食べられないんだもんね。
これって結構悲しいです。


*wanofu
JR品川駅 ecute 2F
[PR]
by karin357 | 2006-06-30 14:29 | カフェ、グルメ | Comments(2)

YANKEE CANDLE

d0000247_1021580.gif


ちょっと立ち寄った雑貨屋さんで見つけました。
ヤンキーキャンドル。
この一番小さいサイズのキャンドルはお手ごろ価格なので、一度使ってみたかったのです。
これは、FRESH CUT ROSES。
要は薔薇の香りです。
ただ、かなり華やかな香り。
私は、サンハーブの薔薇が好きなのですが、こっちが野薔薇ならば、ヤンキーキャンドルの方は大輪の花束のような感じ。
サンハーブのやさしい香りにすっかり慣れてしまっている私にはちょっと抵抗がありましたが、さてどうなるでしょうか?
1本か2本使えば自分に合うか合わないかが分かるので、今はまだ見極め期間。
確かに香りの広がり方はすごく良くて、本当にキャンドルだとは思えないくらい香るのですよね・・・。
これでサンハーブのお値段+50円くらいですからね。
まぁ、もっともサンハーブの方はグラスがついているので、キャンドル自体の値段はもうちょっと落ちのでしょうが・・・。
でもね、このグラス付きって便利なんだけれども、こうだんだん使い終わったグラスが溜まっていって仕方がないのよね。
あれって、販売店とかで回収ってしてくれないのですかね?
何だか、そのまま捨てるのが勿体無くて。
それだけがね、ちょっと気になる点。
でもサンハーブの香りはすごく好き。
うーん、あのたくさん溜まっているグラスはどうするかなぁ?
[PR]
by karin357 | 2006-06-28 10:37 | 日記 | Comments(0)

吉報?

さてさて、正しい診断を受けて、ちゃんと症状にあった薬を飲み始めてから早1年半ほど。
今までの苦労が、と言うほど苦労もしていないのですが、(笑)嬉しい検査結果が。
やっとこさ、白血球の数が正常値に。
と言っても、上限ぎりぎり、なのですが・・・。

しかし、白血病かというくらい多かった去年に比べると信じられないくらい減っています。
今回は珍しく検査結果を出力したレポートを頂いたのですが、ああいう大きな病院の検査結果って普通のA4サイズの紙に数値がプリントアウトしてあるだけで、詳しい説明なんてないもんだから、何が何だかさっぱり。(苦笑)
でも、結構詳しく調べてあるので、いろいろ足りていなかったり、多すぎたり、っていう結果も多かったです・・・。
しっかり白血病の検査もしてありましたが、毎度のことながらこっちも異常なし。
多分、一般の貧血検査だったらこれで全部正常値のはず。
ただ、やっぱりまだ白血球の成分、あのニキビなんかでよく耳にする顆粒球の成分は相変わらず異常でしたが・・・。
でも、普通の血液検査ではそこまで調べないものね。
それに前回に比べると大分良くなっていました。
うーん、後一息?(苦笑)

完治するにしてもかなーり長い時間がかかると言われましたが、ここからが長いのだろうか??
[PR]
by karin357 | 2006-06-27 15:54 | その他 | Comments(0)

祇園祭

もうすぐ7月、なのですね・・・。
というわけで、7月の京都と言えば祇園祭。
今年は何が何でも行って来るつもりです。
恐らく一番見物客が多いであろう山鉾巡行に。
あぁ、今から考えるだけでも恐ろしい。(苦笑)
けれども、これって確か曜日関係なく行われるはずなので、好きなようにスケジュールが組める学生のうちに行っておきたいのです。
この山鉾に使われているタピストリーが見てみたい。

祇園祭といえば、17日に行われるこの山鉾巡行が有名ですが、実はこのお祭り自体は約1ヶ月かけて行われる祭りです。
ちなみに京都新聞のHPに日程が載っています。
これは、もともとは御霊会といって祇園に関係なく、京都内あちこちで行われていたお祭りです。
起源は平安時代初期。
早良親王に代表されるような不幸な死に方をした人の魂を鎮める祭り。
まぁ、要はこの時都内で流行った疫病なんかを何とかするために始められたものです。
それで、次第に民衆にも広まっていって、今でも続いているのが祇園御霊会、すなわち祇園祭。

それで、面白いのがこの山鉾に使われているタピストリー、一部のものはヨーロッパ製。
しかも、そこに描かれているのは聖書の一場面だったりもする。
なんだか、変な感じ。(苦笑)
当時の人は適当に解釈して使っていたようです。
いいものは、どこの世界に行ってもいいものなのかなぁ、と思わせるような実例。
[PR]
by karin357 | 2006-06-24 14:29 | 日記 | Comments(0)

estate

またまた随分空けてしまいました・・・。
何だか最近急に暑くなってきて、また鬱陶しい季節の始まりです。
まだ今のところはバテていませんね。
このままひと夏超えてくれれば、と。

まぁ、世の中は漸く夏の足音を聞きはじめたところでしょうが、それぞれの業界ではしっかり秋支度が進んでいるようです。
この間、久しぶりにタダエステ(笑)へ行って来たら、カウンセリング用にもうマキアージュの秋の新色が届いているそうで、まっさらのパレットを使ってお化粧してもらってきました。
でも、マキアージュのパレットは買う気がない私。(苦笑)
見た目の色はすごくきれいなのですけどね、くすむのね、夕方になると。
あと、アイラインが引き難い・・・。
あのブラシが使いにくいのね。
でも今回も凄くきれいな色が揃っています。
後、グロスも新しいタイプが出るようです。
以前ピエヌで出していたヘラを使ったタイプのグロス。
結構好評だったこのタイプが復活するようです。

あぁ、これでもう少し品質が良ければものすごくお気に入りブランドになるのに・・・。
一応、誤解の無いように一筆しておきますが、値段からすれば決して質が悪いわけではありません。むしろ優秀な方だと思います。
ただ、クレ・ドで味をしめてしまった者にはどうしても質の差が気になってしまう・・・。
アイカラーパレットひとつとっても3000円と6000円ですからね。
単純計算しても価格は倍ですからね、当然です。
リップスティックが6000円するブランドってそうないですよね・・・。
初めてここのファンデーションの値段を見た時は一桁見間違えたかと思いましたからね。(苦笑)
[PR]
by karin357 | 2006-06-21 16:23 | 日記 | Comments(0)

ウィルス襲来

昨日はnawomiさんちのバイオのご機嫌取りに行ってきました。(笑)

困ったのなんのって、回復コンソールが見つからない・・・。
私は、レジストリが壊れると、まずこの方法を試してみるのですが、肝心の回復コンソールの使い方が分からず一苦労。
セーフモードで起動するのも一苦労。
セーフモード、もうちょっと立ち上げやすくならないのかなぁ?
前のPCは割りと立ち上げやすかったんだけれども、バイオは1回失敗しました・・・。
説明書には、「製造メーカーの表示画面でF8を何回も押してください」と書いてあったのですが、実際は長押しの方が確実です。

でも、結局どうやらレジストリは無事だと言うことが分かったので、とりあえずバイオのサービスセンターへお電話。
内容を話すと、ウィルスかも、とのことで今度はセキュリティソフトの会社へお電話。
結論としては、ウィルス感染していたようです。
ただ、ちょっと厄介なものだったので、結局リカバリかけないと駄目だったのですが。

それがですね、以前壊れたPCも同じような症状を出していたのですよ。
私は、はっきり言ってあんまり気にしてなかったのですが、IEを開けると勝手に広告ポップアップを表示していくウィルス。
特にコンピューターに悪影響を及ぼすものでもない、でも一応ウィルス、という所謂グレーゾーンに入るものだそうで。
前のもこれに感染していたようです。
1代前のPCはセキュリティソフト入ってませんでしたからね・・・・。(苦笑)
よくあれで何年も耐えたもんです。
でも、結局レジストリが壊れた上にHDまで壊れてしまったのですが・・・。
ちょうど良かったかも?
でもバイオにはこれに加えて、周りのウィルスをどんどん呼び込む厄介なヤツが1匹潜んでいたのでその分おかしなことになっていたようです・・・。

セキュリティソフトの更新はこまめに行いませう、と痛感した1日。(笑)
[PR]
by karin357 | 2006-06-12 11:17 | 日記 | Comments(0)

OGAWA COFFEE

ここは有名でしょう。
京都小川珈琲。
私も名前はよく知っていたのですが、お店へ行ったのは実は初めてです。

私が行ったのは三条木屋町店。
こんなのあったっけなぁ?
と思っていたら、最近できたのだそうな。
席は2階まであります。
ベージュをメインにしたちょっぴりモダンでナチュラルなお店です。
結構好感触。

ここだけですかね?
ちょっと目玉なのが、ホットコーヒーを頼むと25250円する(笑)京焼の珈琲碗で出してくれます。
しかも、私は偶々カウンターに座ったせいか、選ばせてくれました。
私が選んだのは真っ黒の地に桃の花ですかね、ピンク色の花が描かれているもの。
迷いますよ、これ。(笑)
店員さんには「へぇ~、ピンクとかオレンジとか選びそうな雰囲気だったのに」
と言われ・・・。
うーん、確かに迷ったけれども・・・。(苦笑)
黒好きだもんね・・・。

自分で思っている自分のイメージと他人に与えるイメージには随分差がある。
なんてことを感じた瞬間。
なーんか、私は雰囲気と中身にかなりギャップがあるのかもしれない。(笑)
たしか、以前にもそんなことを思ったことがあったような気がする・・・。


で、肝心のお味の方ですが、まぁ珈琲は言うまでもなく美味しいです。
私は今回は一緒にパニーニのセットを頂いたのですが、これも美味しかった。
一番感心したのは、パニーニって中身を入れすぎて食べ難いものがあるのだけれども、ここのは、かわいらしいお口の方でも苦労しないくらい、食べやすいちょうど良いボリュームです。
ちょっと小腹が減ったときにぴったりです。

あと、個人的にここでモーニングとかしてくれたらなぁ、なんて思います。(笑)
ここの営業時間は9時からです。


*京都小川珈琲
[PR]
by karin357 | 2006-06-07 15:31 | カフェ、グルメ | Comments(0)

Il abito e il museo

久しぶりに神戸まで行って来ました。

目的は神戸ファッション美術館。
現在の企画展は、「20世紀ファッションの革命 シャネル、ヴィオネ、ディオール」展。
しかし、なぜか中にはサンローランのものも混じっていました。
ほんの数点ですが。
シャネル、ディオールは説明不要だと思いますが、ヴィオネという人は現在のバイアスカットを発明したクチュリエです。
それから、ヴォーグやバザーで活躍したファッション写真家の作品も結構ありました。
展示数は少ないのですが、好きな人にはたまらない展覧会でしょう。
もちろん露出展示です。
私もしっかり楽しんできました。(笑)

うーん、私はやっぱりディオールが好きかもしれない・・・。
布の使い方が凄く好きなのね。
あ、そういえばここへ行って初めて知ったのですが、ついこの間までディオールの日本でのライセンス生産ってカネボウがやっていたのですね。
全然知りませんでした・・・。
現在はあの天下のLVMH社が独占しています。
ああ、でも余談なのですが、ダナ・キャランもこのLVMHなのですが、ダナ・キャラン・ジャパンはオンワード樫山の傘下なのですよね・・・。
なーんかね、やっぱりこの業界って複雑なつくりしているかも。

まぁそれはともかく、個人的にお勧めなのが、ここの常設展示で、
世界各地の衣装を概観できるのと同時に、ヨーロッパの近代衣装の変遷を一目で分かるように、並べて展示がしてあるのです。
面白いのですよ、これが。
ナポレオン帝政時代のドレスから、クレージュのミニスカート、サンローランのパンツスーツまで。
それから、ここのライブラリも面白いです。
入場無料で、ファッションに関する本と雑誌がそろっています。
ただ、西洋もしくは現代ファッションが中心です。
民族衣装はまぁ、普通の図書館くらいの量です。
そっちが目的だった私にはあまり収穫のなかった図書館なのですが、面白い本はたくさんありました。
デザインの本も多かったですね。
それから、これは恐らく全国一の品揃え(苦笑)だろう、というのがファッション雑誌。
それこそヴォーグ、バザーからノンノまで、おまけに海外誌まで置いてあります。
そして、なんと資生堂の花椿まで。
流石ですね・・・。

でも、研究雑誌はほとんどありませんでしたね。
それが残念。
ワコールが作った京都にある京都服飾文化研究財団、略してKCIという機関があるのですが、そこが発行している雑誌があるのですね。
ここならあるだろう、と思っていたのですが、ありませんでした・・・。
研究ジャンル同じじゃないですか、なぜ?

KCIはファッション関係の展覧会を企画も行っていて、今は2008年までの連続企画の第1回目を行っています。
ただこれは、レクチャーが主となっていて、展示品はものすごく少ないです・・・。
と、いうよりは、ここは特別な展示会場を持っていないので、必然的に展示できる数が限られてくるのかも知れません・・・。
興味のある方はKCIのHPへ。(下記参照)
一般的な博物館ではちょっとない、ここだけの特徴なのではないか、と思うのですが、ここの企画した展覧会は海外まで巡回することもあります。
なので、結構良い企画を出しているみたいですよ。
でも、ファッション関係の展覧会をしてくれる博物館というのはまだ少ないらしく、そうした中でも神戸と京都はもっとも積極的に行ってきた街です。
神戸はこのファッション美術館の存在が大きいですが、京都の場合はこのKCIと京都国立近代美術館。
美術館といういうと、ちょっとお堅いイメージがあるかもしれませんが、こういう展示も行っているのです。
機会と興味があれば一度足を運んでみてはいかがでしょうか?


*神戸ファッション美術館
「シャネル、ヴィオネ、ディオール」
会期:4月21日~7月4日

*京都服飾文化研究財団
[PR]
by karin357 | 2006-06-04 18:15 | その他 | Comments(0)

ひなの成長日記
by karin357
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

香水ランキング
from 香水ランキング
椿TSUBAKI(資生堂)
from ブログで情報収集!Blog-..
無理しちゃ駄目だ!
from Anything Story
読者になりますね☆
from うさぎ日記
読破!
from のんべんたらりん。
京町家
from ツマヨウジから建築まで
エルミタージュ美術館
from 世界遺産の旅
【夏至】キャンドルナイト..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる

ブログジャンル

イラスト:まるめな