Il Cappellaio

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

5 years

今月号のBAZAARの表紙が誰だか分かりませんでした。

彼女が最初にBAZAARに登場したのは、今からちょうど5年前。
日本版ハーパース・バザーが創刊されて、ちょうど1年目の頃です。
そして、私が初めてBAZAARを買ったのもこの号。
本当はBritney目当てで買った雑誌でしたが、それがきっかけでBAZAARという雑誌そのものが好きになったという思い出の品でもありました。

それが、どういう風の吹き回しか、大学に入って自分の研究分野に収まるようにもなり、毎月買っているわけではないですが、必ず目は通しています。
何がいいって、やっぱり写真とコラムですね。
BAZAARを買って、初めて「ファッション雑誌を読む」ということを覚えました。
そんなきっかけになったのはやっぱりBrit。
そして、そんなBritが再びBAZAARの表紙に登場。
ちょっと購買欲をそそられる。(苦笑)
もうとっくの昔いファン卒業した私ですがやはり近況は気になるところ。

今月号の表紙に彼女が選ばれた理由は正直な話、私にはちょっと納得できない部分もありました。
確かに女性として一番エネルギーに満ちている時期ではあると思う。
でも、一番輝くのはこれから先にもたくさんあると思うのです。
今をもって一番輝いている瞬間としてしまうのは時期尚早のような気もする。
ベストを出して、休暇に入って、さてこれから新しいBritney Spearsをどう見せていくのか。
これから彼女の本当の実力が試される時期だとも思います。
そして、それに期待する元ファン。(笑)

そういえば、Britがヌードを披露するのはもしかして初めて??
だったら、結構ニュースになっているのかしら?
と、いうことを後から気が付いた私。(笑)
京都でしていたルーヴル展へ行ったとき、若い女の子二人が「どうしてこうもみんな裸なの?」という話をしているのを聞いて、「ああ、そういえば」と思ってしまったのはこの私。(苦笑)
今回も「あぁ、そういえばヌードだねぇ」という感じで・・・・。
芸術やっていると別に何とも思わなくなるんだね、とその時気が付きました。
完全に普通の感覚を失くしてしまっています・・・。
私だけだろうか??



*BAZAAR JAPAN
*BAZAAR USA

[PR]
by karin357 | 2006-08-30 15:29 | 日記 | Comments(0)

Ogni giorno singolo

d0000247_1649772.gif


近頃、久しぶりにBonnie Pinkの名前をよく聞きます。
何故かって、ベストアルバム出したのですね。
しかもデビュー10年目。
この数字に吃驚。
ついこの間デビューしたばかりだと思っていたのに。(苦笑)

で、久々にアルバムを借りてきました。
聴いていたら、やっぱり買うべきアルバムかなぁ、と思ったのですが、今はちょっと経済難なので。(笑)
しかもChristina Aguileraのアルバムも欲しい、ので結局レンタル。

10年。
なんだかね、10年も経ってる感じがしないのは何故?
最初名前だけ聞いたときは「どこの国の人?」なんて思ったのをよく覚えています。
だって、聴いたのが洋楽主流のラジオ局だったものだから。
トーレ・ヨハンソンのプロデュース、というので気になって聴きました。
そう、私は北欧ソングが大好き。(笑)
それからしばらく聴かない日々が続いていたのですが、気が付けばもう10年。
でも、全然声は変わっていませんね。
時々お目にかかるのだけれども、何年経っても全然声が変わらない人っているんですよね。
彼女もそういう人の一人。
私はこういう人が結構好きです。
なぜって、こうやってベストアルバムを出しても古い曲と新しい曲との技巧の差がほとんどなくて、「ベスト」という付加価値が付かなくてもアルバムとしてきちんと成立してくれるから。


どこの記事だか忘れましたが、ネットのコラムで「ヒットを生み出す資生堂のCM」というキャッチコピーの記事がありましたが、あのアネッサのCMであれだけ名前が飛び交うようになったようです。
そういえば、そうかなぁ・・・。(苦笑)
ベストアルバムが控えていたという時期だっただけに余計。
これが計算されたものなら、かなりの戦法。(笑)
それとも資生堂の目が肥えていたからか?
でも、確かに資生堂のCM経験者で有名になった人は数知れず・・・。
伊東美咲さんなんか、「誰?」って言われるような頃からピエヌの広告モデルをしていましたものね。
最初の頃と比べるとすごくきれいになりましたよね。
お嬢さんからお姉さんに脱皮する様がピエヌの広告で見られます。


とまぁ、話はそれましたが、今回のアルバムのリーフレットにかかれているように、彼女は「アルバム・アーティスト」なのですよね。
それが10年経っても大きなヒットを生み出すことのなかった所以でもあると思うのですが、
同じようにベストアルバムでヒットした倖田來未と違うのは最初から評価はされていた、ある程度完成されていたということでしょうか。
大きなヒットはなくてもここまで来られたのはやっぱり実力なのだと思います。
うーん、もともとどちらかと言えばブームっていう言葉が似合わないシンガーなのですよね・・・。
これからも変わらずマイペースで歌い続けてくれることを期待。
[PR]
by karin357 | 2006-08-23 16:53 | 日記 | Comments(0)

La luna e il sole

d0000247_1436527.gif


結局鐘紡繊維美術館が今どうなっているのか、は分からず仕舞い・・・。
というか、調べる余裕がなかっただけなのですが。(苦笑)
まぁ、図版は出ているので見ること自体は問題ないのですが、やっぱり観られるものなら、実物拝みたいですよね・・・。
繊維部門はいろいろゴタゴタが続いているようですが、化粧品部門は相変わらず好調です。

これでルナソルのこのタイプの4色アイカラーを買うのは3度目になります。
最初のライティングフォーアイズからずっと買っているので皆勤賞ですね。(笑)
去年の秋、初めて出たこの4色アイシャドウを買ったらすごく気に入ってしまって、新しいコレクションが出る度に必ず1色は買うようになりました。
しかもしっかり予約を入れて。

ルナソルの株を上げたのは絶対にこのアイカラーパレットだと思う。
前回は予約無で買ったのですが、発売日当日に行っても残り1個だったのです。
すごい人気で、雑誌の新色紹介の常連ですね。
何が良いって、まず時間が経ってもくすまない、よれない、捨て色なし。
私的にポイントが高かったのがこの3つ。
あと、この価格帯のブランドにしては珍しく、結構なラメが入っているお色が必ず1色付いてくるということ。
アイシャドウ5000円以上のちょっと高級ブランドになると、下品な印象になるのを避けるためか、ラメを使うところはあまりないです。
ただ、ルナソルに関しては、ラメの使い方がとても上手なブランドだと思います。
バリバリ資生堂ユーザの私が唯一ルナソルを愛用しているのはそういう理由があります。
そもそもの話、私が資生堂のラメ使いがあまり好きではないのですね・・・。
ちょっとレベルは違いますが、マキアージュとルナソルのラメを比べてそう思いました・・・。
品は良いけど、ちょっと派手目なものをお探しなら私は迷うことなくこのパレットをお勧めします。


しかし、今回のルナソルのパレットはちょっと大人し目、な質感です。
ラメを使わないと、自然な仕上がり。
今までは結構パールも利いていて、それこそ月明かりでもしっかり反射するくらいでしたが、今回は随分パールが抑えてあります。
相変わらずラメカラーは派手ですが・・・。(苦笑)
ちなみに今季は紫を買いました。
薔薇の香りつき。
でも私はクレ・ド・ポーの薔薇と白ワインの方が好きかなぁ。
私ね、この2ブランドがあれば生きていける。(笑)
クレ・ド・ポー ボーテとは一生付き合うつもりですが、おそらくルナソルのこのアイシャドウも出続ける限り、もしくは一通り色を揃えてしまうまで買い続けるのでしょうね・・・。

そういえば、女としてラッキィなことなのかどうかは分かりませんが、私には「似合う色」というのがあまりはっきりしていません。
一般的にはその人の肌色によって、似合う色は決まるのですが、私の場合は黄味と赤味のちょうど中間色をしているからか、特に似合わない色というのがないようなのです。
洋服は割と自分では分かりづらいようですが、アイシャドウは結構分かりやすいようです。
が、分からないのですよ。
私の持っているアイカラーは暖色系から寒色系まで千差万別。
一度も「この色合わない」と思ったことのない私・・・。
最初、私はセンスがないのか?と思っていましたが、プロにも「何色でも似合いますね」と言われるので、その通りなんだと思って何色でも気にせず使っています。
なので、アイカラー全色制覇。
なんていうこともできてしまうわけですが、ちょっと不安もある。
まぁ、服も化粧品も好きな色を買えるので便利なのですが、
本当にこれでいいのか?私。
むちゃくちゃ感覚使うことを放棄しているような気もする・・・。(苦笑)


*lunasol
http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/lunasol/
[PR]
by karin357 | 2006-08-21 15:10 | その他 | Comments(0)

Il gatto nero e bianco

d0000247_1532165.gif


久しぶりに登場のえるコさんです。
帽子を被せてみました。
相変わらず人相悪いです・・・。


で、そんなえるコさんはどうでもよくて・・・、(苦笑)
先週の民放でやっと観ました。
「妖怪大戦争」。(笑)
ビデオを借りて観ようと思っていたら、最近のレンタルはDVDしかないのですね・・・。
我が家は未だにVHSなので、DVDは見れないのです。
それでずっとのびのびになっていたのですが、意外と早くTV放送になりました。
だって、公開去年ですもん。

で、感想は・・・・、って聞くほどのものでもないけれども。(笑)
去年吃驚しましたものね。
何にってあの広告の凄さ、規模の大きさ。
あんなに広く一般に向けて(それが普通なのですが)しっかりとプロモーションするとは思ってもみませんでした。
キャストも「まぁもったいない」(笑)っていう見事な使い方。
公開前からかなりの豪華キャストだというのは聞いていたのですが、まさかあそこまでだとは思いませんでした・・・。
まぁ、予想通りの馬鹿映画ではありましたが、やっぱり面白かったです。
1000円払って映画館で観たいとは思いませんでしたが。(苦笑)
偶にはあんな映画もあってもよいのではないかとは思います。
また、ちょうど『姑獲鳥の夏』と公開日が近かったために、妙にこのふたつの映画が対比させられて面白かったですし。
向こうがプロットが確りしているタイプの映画だったけでに正反対でしたね。
なので、もうあんまりどうこう言うことはないです。(笑)
面白ければいいじゃないか、という映画の代表格かもしれない。

でもね、ちょっと気になったのは、あれ、よほど妖怪に詳しい人でないとどれがどんな妖怪かなんて分かりませんよ・・・。
小豆洗いなんかは、巷説百物語を読んでいたので、知っていたのですが、あの話に出てきたあの妖怪をあんな形で出すとねぇ・・・。
あの巷説百物語の悲しい世界が・・・。(苦笑)
まぁ、そこらへんの説明しているとそれこそ京極堂シリーズのように、その妖怪ネタ1本で1作品書けてしまうくらいになるので、逆に小難しい映画になってしまうのでしょう。
『姑獲鳥の夏』がそういう危険性の高かった映画だったのですが、そこらへんは上手いことカバーしていましたね。
こっちはお勧めの映画です。
[PR]
by karin357 | 2006-08-15 16:05 | 日記 | Comments(0)

feminine

8月になりましたが、今年は割りと過ごしやすい日が続いていますね。
湿度が低いのですよね。
エアコンをつけると気温と湿度が表示されるのですが、いつもよりも湿度が10%くらい低めです。
まぁ、これからいつものように蒸し暑くなるのかもしれませんがね・・・、だって日本だもん。(笑)

でも、長袖スーツを着なければならない就活生にとっては、過ごしやすい初夏でした。
また、これから秋採用が始まるようですが、私は春採用でもう決めてしまいました。
なんかね、最初は第1志望なんて決めないでいたのですが、やっぱり自分に合うと思える会社ってそんなにないのですね。
私は、春採用の時点で20社近く受けたのですが、幸いこの時点で良いと思える会社に出会えたのでとてもラッキーでした。
まぁ、偶然と雖もこちらから行動を起こさない限りやってきませんからね。
でも、十数社の中で良いって思えたのはたったの1社だったのですよね・・・・。
私の基準が厳しすぎた(わがままとも言う(苦笑))のかもしれませんが。
外から見ていればどこも同じように見えますが、実際はそれぞれ会社によって理念や考え方は違う。
一流企業や有名企業はいいけれども、妙なプライドを持っている人が多いとか、オーナーカンパニーはちょっと宗教的な雰囲気があるとか・・・・。
駄目だと思った会社の理由で一番多かったのがこれです。

実は、就活を始める1年ほど前から「絶対にココ」という会社を1社決めていました。
が、企業研究を進めていく内に、「ココ合わないかも・・・」と。
その会社は上で書いた却下の理由を両方持っていました・・・。
いくら好きでもここでは働けない、とセミナーが始める前に思ってしまいました。
ここの製品は本当に大好きです。
でも、ここでは働けないです。
特に会社のトップの考え方に私は同意できませんでした。
私がその会社の製品が好きになったように、趣味は恐ろしいほどそっくりです。
好きな映画とその理由まで一緒だったくらいですから。(笑)
でも、考え方、ものの見方はまるで間逆でした。
それを証明するがごとく、その好きな映画の評価はまったく違いました。
悪い意味でとても女性的な会社だと思いましたね。
非論理的で非組織的。
女性には女性が多い職場の方がいろいろと好条件のものが揃っていますが、やぱっり女って恐ろしいね・・・。(苦笑)
まぁ、男尊女卑が尾を引いている結果だとも思うのだけれども、何だか頑張りすぎてぎすぎすした、気持ちに余裕のないオーラを放っている女性が多かった会社もありました。
「いつでも女性らしく」
というのは分かりますが、何だかその言葉の周りに嫉妬とか見栄なんかが見え隠れしていてちょっと引きました・・・。
なので、私は「9割女です」という所ではなく、「男性社員も結構います」という所にしました。
私自身あまり女性らしい性格をしていないので、女性らしい会社は合わないと思ったのです。
でも、私が受けたのがアパレルだっただけに、余計「女」というものを意識せざるを得ませんでした。
初めて女って嫌だと思ったかもしれません。(苦笑)
そのくらい私には女が理解できない。
自分が女であるだけに余計分からない。

でも、女って結構楽しいから、私はできればそんなぎすぎすした女にはなりたくない・・・。
あんな風に頑張る必要ってあるのだろうか?
何だか、世の中には余裕のない女性が割りと多いんじゃないか、とこの就活を通して感じました。
日本の社会はまだまだ女性には厳しいのかもしれない。
[PR]
by karin357 | 2006-08-05 15:48 | 日記 | Comments(0)

Virus Sweeper

早いことにもう8月。
7月はのんびりしていたわりにあまり更新できませんでしたね・・・。
怠けていた証拠か?(苦笑)

そういえば、ちょっと前にタチの悪いスパイウェアが蔓延っている(笑)というニュースをテレビでやっていたのですが、ちょっと前だったら「大変ね~」っていう他人事でした。
が、このウィルス、実は我が家の以前のPCとnawomiさんの今のPCに両方共入っていました・・・。
もう半年以上前のことですね・・・。
なーんか変なウィルスで、「コンピュータのレジストリが壊れています」
っていう表示がIEで出てくるタイプでした。
ダウンロードしないで良かったです。
だってね、本当に変なのですよ。
普通レジストリが壊れてIEでそんな表示が出てくるもんなのかも疑問だったし、行ってきている会社がマイクロソフトじゃなかったので、これが一番の疑問点だったかな。
だって、製造元でない会社から何でそんな警告を受けなきゃいけない?
中には「ウィルスに感染しています」っていう表示してくるものもあるらしくて、vaioはこっちにも感染していました。
まぁ、それにかかっていた以前の古いPCは本当にレジストリが壊れていたのですが、nawomiさんちのvaioは壊れてなかったんだよね・・・。
それで以前6月に直しに行ったのですが、そこでセキュリティソフトのサービスセンターに電話してウィルスだと発覚。
それでリカバリをしたら消える。
という話だったのですが、その後も不都合が出続けていたんですよ。
で、またPC直しに出張してきたのですが、結局分からないのでこっちに引き取ってきて専門店へ相談しに行ったらウィルス。
「どこが悪いのか分からない」
って言って行ったのですが、
「壊れている壊れていないの前にウィルスが入ってます」
と言われ・・・・。

システムに入り込んだスパイウェアはリカバリでは消えないのだそうです・・・。
そりゃそうだよね、リカバリって真っ白にするわけじゃないものね。
昔は全部綺麗に真っ白になったのに、不便になったものです。
で、最近はあるんですね。
完全抹消ソフト、ターミネータ。
結局これでOSごと全部消してもう一度セットアップし直しです。
さて、これでうまく行けば良いのですが、まぁ、この抹消作業が恐ろしく時間がかかる。
今やっているのですが、このままだとあと6時間くらいかかりそうです・・・。
もしかして、XPがでてフォーマットができなくなったのは、HDの要領が増えすぎたため?
なんて思ってしまいました・・・。(苦笑)

やっぱりプロに聞くのが一番ですね・・・。
ついでに潜伏しているウィルスの発見方法をちょっと聞いてきました。
これ聞いて「ああ、やっときゃ良かった」と思ったのですが、windowsのタスクマネージャでCPU使用率を見れば良かったんですよ。
普通だったら、タスクマネージャ立ち上げて、何も操作しなかったら0%のはずなのです。
それがvaioさんはずっと2%なのですね。
それはおかしいだろう、と。
言われて家で見てみたら、そうでした・・・。
で、急に50%まで上がったり・・・・。
普通に考えたら、ありえない。
セキュリティソフトの更新って結構面倒なのですがね、これを面倒臭がっていたらPC使えないなぁって痛感しました・・・。
ここまでタチが悪いのが入り込んでしまうと本当に大変です。
まぁ、手元にないPCだっただけに余計ややこしいことになっていたのですが。
うーん、物理的な破損はないと思うのだけどなぁ、かなり重症です。(苦笑)
[PR]
by karin357 | 2006-08-01 15:53 | 日記 | Comments(0)

ひなの成長日記
by karin357
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

香水ランキング
from 香水ランキング
椿TSUBAKI(資生堂)
from ブログで情報収集!Blog-..
無理しちゃ駄目だ!
from Anything Story
読者になりますね☆
from うさぎ日記
読破!
from のんべんたらりん。
京町家
from ツマヨウジから建築まで
エルミタージュ美術館
from 世界遺産の旅
【夏至】キャンドルナイト..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる

ブログジャンル

イラスト:まるめな