人気ブログランキング |

Il Cappellaio

<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

丸紅コレクション

もう明日で終わってしまいますが、1週間くらい前に京都の文化博物館でやっている丸紅コレクションに行って来ました。

丸紅コレクションと言えば、私にっとっては染織が見物。
今回もたくさん見られてラッキーでした。
ただ、哀しいかな、染織展示ではよくあることなのですが、前半と後半で展示入れ替えがあるのですね・・・・。
私が見たときは後半の展示でした。
多少時代のばらつきはあるものの、良い作品もたくさん来ていました。

そうそう。こういう展示を見ていて、私もそれなりに勉強したんだなぁ、と思う瞬間が、小袖を見ただけでどの時代か分かるようになったこと。(笑)
あれだけいろんな作品を図版で見てきたのだし、専門に勉強していたので当然と言えばそうなのですが。(苦笑)
でも、実物を目の前にして感じるのはまた違いますね。


今回のメインは淀君の辻ヶ花の復元作品の展示だったのですが、その模様を記録した映像も公開されていて、それが結構面白かったのですが、時間の都合上最後まで見ることができなくて、それがちょっと心残りでしたね。
こういう映像資料って私はあまり見ないのですが、今回はちょっと見入ってしまいました・・・。
NHKで放送してくれないですかね。


後、今回の展示のもうひとつは目玉は洋画です。
私も知らなかったのですが、ボッティチェリの《美しきシモネッタ》。
まさかルネサンスの名画のひとつが日本にあったなんて・・・・。
そこに吃驚しました。
染織と洋画。
ちょっと変わった組み合わせの展覧会でした。
ちぐはぐな感じもしないではないですね・・・。
ちなみに洋画の方はあまり人気がなかったようで・・・。

珍しいですよね、日本人って近現代の洋画が好きな人種なのですけども。
でも、個人的には染織の方にたくさん人が入っていたというのは嬉しかったですね。

日本人の美術品の見方は明治以降進化していないと言われていますが、最近はそうでもないのかなぁ、と先日のプライスコレクションなんかを見ても感じました。
あっちは最近流行り(?)の若冲の名前があったせいか、たくさん人が入っていました。
カタカナの展覧会名に惹かれたのでしょうか?(苦笑)
数年前の万博記念で公開された山水画に比べるとどちらも倍以上の人の入りでした。


なんだか、ここのところ展覧会レポートばかりになっていますね。(笑)
来月はできればダ・ヴィンチの展覧会に行きたいですね。
新幹線代が出せれば、の問題です。(笑)
今展示されているのは全部ウフィッツィで見て来ているのですが、まぁ、そうそうお目にかかれるものでもないですし・・・・。
うーん、そうそう悩んでいる暇もないですが、悩んでいます・・・。
by karin357 | 2007-05-24 15:47 | その他

プライスコレクション

ショックだったんですね・・・。
あれだけ文化庁のHPをチェックしていたのにまったく気がつかなかったのが悔しくて堪らない。
今回卒論で取り上げた作品が重文指定を受けたので、やっと見られると思ったのに、お披露目展示が既に終わっていました・・・。
何で気がつかなかったのかねぇ・・・。
次はいつ見られるのか分からないのにねぇ・・・。
楽しみにしていただけにこれは落ち込みます・・・。
願わくば私が生きている間に一度はお目にかかりたいものです。


でも、今回恐らく日本では最後になる、というプライスコレクションはこのGWに行って来ました。
嬉しかったですね。
地元までやってくるとは知らなかったので。

これね、新聞でちょっと書かれていたのですが、展示方法が面白い。
これは結構斬新でしたよ。
光の強さを変えて、明度が違うとどれくらい絵の印象が変わるのか、なんていう面白い展示もありました。
こんな展示は初めてでした。
蛍光灯でやっていたのですが、遠くから見て、一瞬自然光を当てているのかと吃驚したくらいです。
さすがにそれはない。(苦笑)

一番吃驚したのは露出展示の多いこと。
日本画ではあり得ないです。
いいです。ガラスなしは。(笑)
おまけに私の好きな抱一の《十二ヶ月花鳥図》の一部も露出で見られて本当に嬉しかったです。
私の見た資料が古かったのか、この手の作品をたくさん描いているせいか、プライスコレクションの中にあるとは知りませんでした。
家に帰って手持ちの資料を見てみたら、よく似た絵で畠山記念館や出光美術館所蔵になっていたので、「あれ?」と思ったのですが・・・。
随分たくさん描いているようです・・・。
でも、抱一の絵が絵の具も随分高級なものを使っているので、とても発色がいいですし、私はあの繊細さがとても好き。
実はね、今回見られなかった重文指定のものって抱一だったんですよね・・・。
《白繻子地梅樹春草模様描絵小袖》っていう長ったらしい名前の着物だったのです。
染織は展示される機会があまりないので、貴重な機会だったのです。
おまけに重文クラスになるともうほとんど展示されないです・・・。
恐らくこの作品が展示されるのは約10年ぶりだったと思います。
死ぬまでに見られたら本当にラッキーなことです・・・。


で、その重文お披露目展示に行けなかったと気がついたのはプライスコレクションを見終わった後のことでした・・・。
本当に、立ち直るまでに時間がかかるかもしれない・・・。(苦笑)
あの時、プライスコレクションをあきらめてあっちを見に行っていれば、と思わないこともなかったのですが、これもなかなか究極の選択だったかもしれないです・・・。



奇想のコレクション。
日本でまとまって見られるのはこれで最後だそうです。
数もたくさんあって、見ごたえのあるものでした。
ただ、ひとつ難を言えば入り口の導入部分が短すぎて暗さに目を慣らす時間がなかったこと。
あの辺はもうちょっと考慮してもしかったなぁ、と思います。


*プライスコレクション
愛知県美術館
~6月10日
by karin357 | 2007-05-08 11:13 | その他

ROSA

d0000247_10562171.gif


買ってしまいました。
サンタマリアノヴェッラの香水。
数が多いので迷いましたが、結局いつものローザを。

ネイルサロンの帰り道、何となくミッドランドスクエアに入り、そのまま何となく購入。
私にしてはあり得ない衝動買い。(笑)
しかも、最近値上がりしましたので、オーデコロンにしては結構なお値段。

名古屋では松坂屋にもありますが、雰囲気ではこちらの方が上ですね。
ティサネリアがあるそうなので、ちょっと気になっていたのです。
京都にならあったのですけどね、行きたいと思いながら結局一度も行けずに終わってしまいました・・・。
まさか名古屋にできるなんて思ってもみなかったので、とても嬉しいです。
ミッドランドができた時、この店名を見てめちゃくちゃ吃驚しましたもんね。

だって、ここ話題にはなりましたし、名古屋初出店のお店はたくさんありますが、やっぱりあまり面白くなかったですね・・・。
店舗数も少ないですし、気軽に買うことはおろか、頑張っても手の出ない商品がほとんどです。
お食事は良いのですけどね・・・。
なので、あまりチェックしていなかっただけに不意打ちでしたねぇ。
通いますよ、ここだけは。(笑)
贅沢なことに普段使いの香水にしようと思っていますから。

まぁ、ひとつ難を言えば、オーデコロンなので、香りの持続時間が短い、ということです。
「100MLだと結構もちそうですね」とは言ったものの、これでは予想していたよりも早くなくなりそうです・・・。
今まで使っていたのがオードパルファンやトワレだったので、余計気になります。
で、持続時間を調べてみたら1時間から2時間だそうです。
短すぎる・・・。

でも、この状態で濃度を高くすればきっと私の手の出ない値段になります。
資生堂が限定で出した、ローズルージュならびにローズロワイヤルのパルファムの値段を見た時、すごく吃驚しましたがどう考えてもノヴェッラ薬局のオーデコロンの方が遥かに高い。
そんなコロンをさくっと衝動買いした私もどうかと思いますが。(苦笑)
しかも買い続けようとしてますからね。
本当は、できることならローズルージュを使いたいのですよ。
でも、もうこれは次が出ない。
そんな時、よく似た香をフィレンツェで見つけてしまったのです。
それがこのオーデコロン・・・。
あぁ、やっぱり本店でまとめ買いしておくべきだったか、とちょっぴり後悔。
by karin357 | 2007-05-01 11:07 | その他

ひなの成長日記
by karin357
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

香水ランキング
from 香水ランキング
椿TSUBAKI(資生堂)
from ブログで情報収集!Blog-..
無理しちゃ駄目だ!
from Anything Story
読者になりますね☆
from うさぎ日記
読破!
from のんべんたらりん。
京町家
from ツマヨウジから建築まで
エルミタージュ美術館
from 世界遺産の旅
【夏至】キャンドルナイト..
from 夕暮れの匂いに空を見上げる

ブログジャンル

イラスト:まるめな